インドネシアビザ

プランバナン寺院群

インドネシアビザ不要・査証免除必要条件

■ノービザ(無査証)について:2015年6月12日より、以下の条件を満たす日本人はインドネシアビザの取得が不要になりました。

1. 30日以内の観光目的。(滞在期間の延長は不可

2. 入国は下記の無査証対象空港または港湾の利用に限る。(陸路は対象なし)

空港 ジャカルタ(スカルノハッタ空港)、バリ(ングラライ空港)、
メダン(クアラナム空港)、スラバヤ(ジュアンダ空港)、
バタム(ハン・ナディム空港)
港湾 スリ・ビンタン港、セクパン港、バタム・センター港、
チトラ・トゥリ・トゥナス港、マリナ・テルック・セニンバ港、
ノングサ・ターミナル・バハリ港、ビンタン・テライ・ラゴイ港、
バンダル・スリ・ウダナ・ロバン港、タンジュン・バライ・カリムン港
タンジュン・ウバン港

3. 出国は「29の空港・88の港・7か所の国境検問所」より可能。

4. パスポートの残存有効期間はインドネシア入国時に6か月以上必要。

5. 連続したパスポートの未使用査証欄が3ページ以上必要。

6. 復路または第3国行きの航空券または乗船券が必要。

ビザ免除留意事項(在インドネシア日本国大使館)

インドネシア語関連本(amazon)

インドネシア旅行ガイドブック(amazon)

バリ島ガイドブック(amazon)

Photo by Gunawan Kartapranata / Adapted

スポンサーリンク

インドネシアビザ 共通事項

■大使館・領事館の管轄

東京 (大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・三重・和歌山を除く)沖縄・九州・四国・山陽・山陰・東海・北陸の一部を含む「日本全域」
大阪 大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・三重・和歌山・福井・広島・岡山・山口・鳥取・島根・愛媛・香川・高知・徳島  (関西・中国・四国・福井

■ビザ取得所要日数(大使館・領事館の休館日を除く)

  • 東京:申請日を含めて4日(申請日の翌日料金を支払い、料金支払いの翌々日ビザ受領)
  • 大阪:ビザ申請時に確認(申請日を含めて約3日)

■2016年の休館日 大阪総領事館

■代理申請/代理受領:旅行会社(登録制)の代理申請/代理受領は可。

カメラのキタムラ ネットプリントサービス 専用ソフト「プリント直行便」でトリミングもOK

■駐日インドネシア公館公式サイト

インドネシア シングルビザ
B-211(Single Visit Visa)

商用シングルビザ申請必要条件

■渡航目的は商用
会社訪問、商談、会議出席等の目的で就労を伴わないもの。工場訪問は不可

「社会文化訪問(親族、社会文化団体、教育機関訪問、学会出席)」「政府用務」「ボランティア」なども商用と同じB-211(必要書類は異なる)。

■滞在可能日数:60日(領事判断で30日になることもある)
現地の出入国管理事務所にて1回につき30日間の延長手続き4回(5回)可。

■有効期間:90日(有効期間内に入国する)

■パスポートの残存有効期間:入国時に6か月以上必要。

■パスポートの未使用査証欄:ビザ申請時に「連続3ページ以上」必要。

最新海外事情レポート(2015年7月/日本商工会議所)

商用シングルビザ申請必要書類

  1. パスポート
  2. パスポートデータ面コピー(A4用紙)
  3. カラー証明写真 1枚
  4. ビザ申請書
  5. 招聘状
  6. 会社推薦状
  7. 英文経歴書
  8. 航空券(e-チケットお客様控 / 復路オープンでも可)
  9. 料金

●パスポート【大阪】:過去にインドネシアへ渡航したことがある場合、
出入国スタンプおよび旧ビザがあるパスポート(旧パスポート)が追加で必要。

●写真:サイズ 縦4cm x 横3cm、背景無地、3か月(大阪は6か月)以内に撮影したもの。

●申請書東京:申請書は窓口にて配布。コピー不可。折曲厳禁。申請書記入例

●申請書大阪:申請書 申請書記入例

●招聘状:レターヘッド使用、社印(丸印)押印要。社名やロゴのみの「社判」は不可。
「緊急」の場合、鮮明なものであればコピー(PDFの印刷)でも可。FAX不可。

●会社推薦状:レターヘッド使用、社判・社印・代表者印の押印要。3つの印を押印できない場合は、「社判+代表者印(公印)」または「社判+社印(認印)」でも可。

●英文経歴書(東京:窓口にて配布)(大阪:指定用紙) 英文経歴書記入例

★ビザ申請書・英文経歴書記入例記載の “Nationality” は、JAPANESEではなくJAPAN

インドネシア マルチプルビザ
B-212(Multiple Visit Visa)

商用マルチプルビザ申請必要条件

■渡航目的は商用
会社訪問、商談、会議出席等の目的で就労を伴わないもの。工場訪問は不可

■滞在可能日数:各60日(有効期間内に入出国する。1回目の入国はビザ発行日から90日以内に入国要。延長は不可。)

■有効期間:90日

■パスポートの残存有効期間:ビザ申請時に36か月以上、インドネシア最終入国時に6か月以上必要。

■パスポートの未使用査証欄:ビザ申請時に「連続3ページ以上」必要。

商用マルチプルビザ申請必要書類

  1. パスポート
  2. パスポートデータ面コピー(A4用紙)
  3. カラー証明写真 1枚
  4. ビザ申請書
  5. 招聘状
  6. 会社推薦状
  7. 英文経歴書
  8. 航空券(e-チケットお客様控 / 復路オープンでも可)
  9. 料金

●パスポート【大阪】:過去にインドネシアへ渡航したことがある場合、
出入国スタンプおよび旧ビザがあるパスポート(旧パスポート)が追加で必要。

●写真:サイズ 縦4cm x 横3cm、背景無地、3か月(大阪は6か月)以内に撮影したもの。

●申請書東京:申請書は窓口にて配布。コピー不可。折曲厳禁。申請書記入例

●申請書大阪:申請書 申請書記入例

●招聘状:レターヘッド使用、社印(丸印)押印要。社名やロゴのみの「社判」は不可。
「緊急」の場合、鮮明なものであればコピー(PDFの印刷)でも可。FAX不可。
《東京》2016年1月より、マルチプルビザ用の招聘状はオリジナル以外は不可。但し、査証発給許可(VTT)がある場合はPDFでも可。

●会社推薦状:レターヘッド使用、社判・社印・代表者印の押印要。3つの印を押印できない場合は、「社判+代表者印(公印)」または「社判+社印(認印)」でも可。

●英文経歴書(東京:窓口にて配布)(大阪:指定用紙) 英文経歴書記入例

★ビザ申請書・英文経歴書記入例記載の “Nationality” は、JAPANESEではなくJAPAN

★《大阪》過去5年間に日本または海外(除インドネシア)で1回以上業務用ビザ(シングル、マルチプルまたは一時滞在)を取得し当該ビザを使用してインドネシアに入国した記録が必要。当該ビザが貼付されたパスポート原本およびマルチプル希望の旨を明記した招聘状と会社推薦状を提出することにより申請可能。ただし、発給は領事判断。

インドネシア 一時滞在ビザ
C-312・C-317・C-316(Limited Stay Visa)

一時滞在ビザ申請必要条件

■渡航目的は就労(短期・長期)

■滞在可能日数:1か月~24か月。

■有効期間:90日(有効期間内に入国する)

■パスポートの残存有効期間:ビザ申請時に18か月以上、インドネシア最終入国時に6か月以上必要。

■パスポートの未使用査証欄:ビザ申請時に「連続3ページ以上」必要。

★入国後の主な手続き

  1. KITAS:入国後7日以内に管轄の入国管理事務所にて「一時居住許可証(KITAS)」を取得し、「外国人登録(POA)」を行うことが義務付けられている。
  2. MERP:インドネシアに再度入国するために入国管理事務所にて「数次再入国許可(MERP)」を取得する。
  3. STM:KITAS発行から30日以内に国家警察本部に届出を行う(従来は自己登録証明書(SKLD)が発行されていたが2014年から廃止)。この後、居住区管轄の警察へ届け出て「外国人登録報告証(STM)」を受領する。
  4. KIP:国家警察本部への届出後14日以内に居住する州の住民・民事登録局にて暫時所在証明書(SKPPS)を取得する(ジャカルタはKIP(外国人来訪者身分証))。さらに、居住地区の住民課にて外国人一時滞在者滞在地証明書(SKTT)を取得するが、ジャカルタ特別州では2014年からKIPがあれば不要となっている。

上記以外にも労働局への外国人着任報告ほか各種手続きはありますが、本人出頭必須の手続きを除き通常は現地の人事担当者や提携先会社が代行します。

KITASの携行について(在インドネシア日本国大使館)

一時滞在ビザ申請必要書類

  1. パスポート
  2. パスポートデータ面コピー(A4用紙)
  3. カラー証明写真 1枚
  4. ビザ申請書
  5. 招聘状
  6. 会社推薦状
  7. 英文経歴書
  8. 航空券(e-チケットお客様控 )
  9. ビザ発給許可書(VTT(旧VBS))
  10. 料金
  11. 渡航目的が現地在住親族との同居の場合は現地身元保証人のパスポート(データ面、ビザ)・KITAS(一時滞在カード)のコピー、インドネシア人配偶者が身元保証人の場合はKTP・結婚証明書(Surat Nikah)の提出が必要。所属先からの英文推薦状は不要。

●パスポート【大阪】:過去にインドネシアへ渡航したことがある場合、
出入国スタンプおよび旧ビザがあるパスポート(旧パスポート)が追加で必要。

●写真:サイズ 縦4cm x 横3cm、背景無地、3か月(大阪は6か月)以内に撮影したもの。

●招聘状:レターヘッド使用、社印(丸印)押印要。社名やロゴのみの「社判」は不可。
「緊急」の場合、鮮明なものであればコピー(PDFの印刷)でも可。FAX不可。

●会社推薦状:レターヘッド使用、社判・社印・代表者印の押印要。3つの印を押印できない場合は、「社判+代表者印(公印)」または「社判+社印(認印)」でも可。

●申請書東京:申請書は窓口にて配布。コピー不可。折曲厳禁。申請書記入例

●申請書大阪:申請書 申請書記入例

●英文経歴書(東京:窓口にて配布)(大阪:指定用紙) 英文経歴書記入例

★ビザ申請書・英文経歴書記入例記載の “Nationality” は、JAPANESEではなくJAPAN

●航空券:復路オープン可。12か月以上の許可が出ている場合は片道でも可。

●発給許可書:発給より60日以内のもの。コピーでも可。
《大阪》発給許可書の通知が大阪総領事館宛であっても、管轄外に居住の場合は大阪総領事館での申請は不可。発給許可書の入電先、申請者の現住所や勤務先住所に注意する。


■VTT取得のために事前準備が必要な書類(要確認 / 会社により書類や必要部数が異なる)

《本人》

  1. パスポート全ページコピー
  2. Personal History(履歴書)
  3. Certificate of Employment(雇用証明書)
  4. 背景赤色の証明写真データ(CD-R等)
  5. 保険証(健康保険または海外旅行傷害保険)のコピー

《家族》

  1. パスポート全ページコピー
  2. Personal History(履歴書)
  3. 戸籍謄本
  4. 戸籍謄本英訳
  5. 背景赤色の証明写真データ(CD-R等)

日本人が海外で最高の仕事をする方法 ― スキルよりも大切なもの(amazon-PC)

日本人が海外で最高の仕事をする方法 ― スキルよりも大切なもの(amazon-スマホ)

海外赴任のために必要なこと 駐在員家族のメンタルヘルス (角川フォレスタ)(PC)

海外赴任のために必要なこと 駐在員家族のメンタルヘルス (角川フォレスタ)(スマホ)

インドネシア VOA(ビザオンアライバル)

■以下の条件を満たす場合は到着地においてビザを取得することも可能。

1. 目的

  • 観光(31日以上滞在および「無査証滞在対象の空・海港」以外から入国または
    出国の場合(観光目的であってもビザ免除の条件を満たさない場合)
  • 社会文化訪問(親族、社会文化団体、教育機関訪問)
  • 商用訪問(会社訪問、商談、会議出席等の目的で就労を伴わないもの)
  • 添乗
  • 政府の用務
  • 工場訪問は不可

2. VOA対象空港・港湾等

空港 ジャカルタ(スカルノハッタ空港, ハリム空港)、バリ、メダン、スラバヤ、パカンパル、バリクパパン、パダン、マカッサル、クパン、ジョグジャカルタ、マタラム、バタム、バンドン、スラカルタ、スマラン、パレンバン、ポンティアナック、アチェ、ロンボク
港湾 ジャカルタ、バタム、スラバヤ、バリ(パダンバイ、ベノワ)、シボルカ(北スマトラ州)、ジャヤプラ(パプア州)、ビンタン、ドゥマイ、パダン、ベラワン、クパン、マカッサル(南スラウェシ州)、タンジュン・バライ・カリム(リアウ群島)、タンジュン・マス(スマラン)、ビトゥン(マナド)、マウメレ、パレパレ、タンジュンピナン(リアウ)
陸路 エチコン

3. 旅券の残存有効期間はインドネシア入国時に6か月以上必要。

4. 連続したパスポートの未使用査証欄が3ページ以上必要。

5. 復路または第3国行きの航空券または乗船券が必要。

6. ビザ料金の支払いは米国ドル。

*ガルーダ・インドネシア航空の機内入国審査プログラム(到着ビザ・機内取得プログラム)は2015年1月7日をもって終了。

■1回に限り延長可能。到着ビザの延長手続きについて(在インドネシア日本国大使館)

★注意:滞在期限の7日前までに申請要。本人出頭必須。

到着ビザでの入国時における注意事項 / 在インドネシア日本国大使館

到着ビザ(VOA)による入国トラブルについて / ジャカルタジャパンクラブ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加