マレーシアビザ

Malaysia

Photo by KuyaAndy / Pixabay

スポンサーリンク

ビザ免除について

長期滞在(ロングステイ)、リタイア後の移住先としても1番人気のマレーシア。
以下の条件を満たす日本人は「ビザ無し」にてマレーシアへの渡航が可能です。

  1. 入国目的は観光・ビジネス(商用)
  2. 滞在日数は90日以内
  3. 入国時にパスポートの残存有効期間が6か月以上あること。
  4. 帰国用の航空券または次の目的地への航空券と入国に必要な書類(ビザや入国許可書等)を所持していること。
  5. パスポートの未使用査証欄は入国時に連続2ページ以上あること。

以下に該当する場合はビザ(Professional Visit Pass)が必要になるので駐日マレーシア大使館に確認が必要です。

  • 機械・コンピュータの導入やメンテナンスに関する者
  • 宗教的目的がある者
  • 芸能活動をする者
  • 映画撮影に携わる者、など

マレーシア関連本

マレーシア 雇用パス
Employment Pass

雇用パス」は、マレーシアで法人化された子会社、マレーシアで登記された外国企業の支店または駐在員事務所に雇用される管理職・専門職の外国人に発給されます。給与や雇用期間により3つのカテゴリーに分類されています。

<申請の手続き>

2014年4月よりオンラインでの申請が導入されたが、2015年9月時点、雇用パス申請は新規でも延長の申請でもオンラインでの申請が必須である。まず、入国管理局の外国人サービス部門(Expatriate Service Division:ESD)にオンライン(https://esd.imi.gov.my/esd/portal/en/?p=pro)で会社の登録を行う。会社登録完了後、申請者の雇用パス申請をオンラインで行う。

MIDAより就労枠の認可を得ている場合、雇用パスの発給申請は、2015年9月時点、入国管理局窓口へ提出する。

ICT企業(MSCステータスを持たない会社も含む)の雇用パスの申請は、Multimedia Development Corporation (MDeC)のeXpats Service Centreにオンラインで行う。
https://www.expats.com.my/expats2009/employment.html

(以上、JETROサイトより引用)

必要書類

  1. 申請書(オンライン申請)
  2. パスポート全ページコピー(残存有効期間18か月以上)
  3. 証明写真(縦5.0cm × 横3.5cm)
  4. 英文卒業証明書
  5. 雇用契約書
  6. Personal History
  7. ビザ料金

2~6はスキャンして提出。

Notes: マレーシア入国管理局公式サイト

・ONLINE SERVICES: ESDオンラインガイドブック / FAQs – MYXpats Centre

・MAIN SERVICES:  2nd Stage – Application for Employment Pass

日本人が海外で最高の仕事をする方法 – スキルよりも大切なもの

カメラのキタムラ ネットプリントサービス 専用ソフト「プリント直行便」でトリミングもOK

マレーシア 扶養家族パス
Dependant Pass

扶養家族パスは雇用パス所持者の配偶者、子供(18才未満)および両親(義父母も可)のためのビザです。就労者との同時申請もできますが、一般的には就労者が着任し落ち着いてから家族をひきまとめ、マレーシア入国後に申請/取得します。

必要書類

  1. 申請書(オンライン申請)
  2. パスポート全ページコピー(残存有効期間18か月以上)
  3. 証明写真(縦5.0cm × 横3.5cm)
  4. 戸籍謄本(婚姻証明、出生証明)

2~4はスキャンして提出。

★戸籍謄本(全部事項証明書)はマレーシアでの手続き時に発行から3か月以内のもの。

●婚姻証明、出生証明(Birth Certificate, Marriage Certificate

海外赴任のために必要なこと 駐在員家族のメンタルヘルス (角川フォレスタ)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加