台湾ビザ

龍山寺 / 台北

ビザ免除の要件

■以下の条件を満たす日本人はビザ無しにて台湾への渡航が可能です。

  1. 滞在日数は90日以内。(延長は不可。ビザなしで入国の滞在可能日数は到着日の翌日深夜0時から起算する(90泊91日)。)
  2. 入国目的は観光、商用、親戚訪問、通過に限る。
  3. 入国時にパスポートの残存有効期間3か月以上あること。
  4. 入国時に復路または第三国へ出国するための予約済航空券を所持していること。
  5. 出入国は以下の対象空港または港湾に限る。
空港 桃園中正国際空港、高雄国際空港、台北松山空港、台中清泉崗空港、澎湖馬公空港、台東空港、花蓮空港、金門尚義空港
港湾 基隆港、高雄港、台中港、花蓮港、金門港水頭港區、馬祖港福澳港區

★短期間の技術指導、機械設置やメンテナンス、貨物の検品、研究や開発の仕事において協力行為がある場合はビザが必要。ビザが必要か判断できない場合、現地会社を通じて勞動部に確認する。(TEL:02-2380-1709 / FAX:02-2380-1732)

★パスポートの残存有効期間が足りず渡航できなくなる方が大勢います。ご注意ください。(日本人は特別優遇されており、他国の場合は通常6か月以上の残存有効期間が必要です。)

台湾旅行ガイドブック(amazon)

【ポイント10倍】[台湾お土産]台湾 マンゴープリン 3箱セット(海外土産 台湾お土産 台湾 …

【ポイント10倍】[台湾お土産]台湾 マンゴープリン 3箱セット(海外土産 台湾お土産 台湾 …

スポンサーリンク

台湾駐日公館公式サイト 管轄など

■台湾ビザの種類(抜粋)

  • 停留ビザ:短期業務(商談、技術指導、機械設置やメンテナンス、貨物の検品、研究・開発等の仕事における協力行為等)、語学留学
  • 居留ビザ:6か月以上の雇用(赴任)、留学、投資、宗教活動、家族呼寄せ(配偶者、未成年者)

■代理申請・代理受領可能

■ビザ取得所要日数(代表處・弁事處・代表處分處・弁事處分處の休館日を除く)

  • 普通申請:申請日の翌日
  • 緊急申請:即日受領

休館日(2016年 台北駐日経済文化代表處)

■《大阪》ビザ申請者が20歳以下の場合、申請書のサイン欄には申請者本人のサインに加え、両親のサインも必要。

■管轄

機関 管轄区域
台北駐日経済文化代表處 東京, 神奈川, 千葉, 埼玉, 長野, 山梨, 群馬, 栃木, 茨城, 新潟, 宮城, 青森, 山形, 岩手, 秋田, 北海道
台北駐日経済文化代表處横濱分處 神奈川, 静岡
台北駐大阪経済文化弁事處 大阪, 京都, 兵庫, 奈良, 滋賀, 和歌山, 三重, 愛知, 岐阜, 石川, 富山, 福井, 広島, 岡山, 島根, 鳥取, 愛媛, 高知, 香川, 徳島
台北駐大阪経済文化弁事處福岡分處 福岡, 熊本, 大分, 宮崎, 鹿児島, 佐賀, 山口
台北駐日経済文化代表處札幌分處 北海道
台北駐日経済文化代表處那覇分處 沖縄
【ポイント10倍】[台湾お土産]台湾 蓮の実月餅 3箱セット(海外土産 台湾お土産 台湾 土産…

【ポイント10倍】[台湾お土産]台湾 蓮の実月餅 3箱セット(海外土産 台湾お土産 台湾 土産…

台北駐日経済文化代表處 公式サイト

台北駐日経済文化代表處横濱分處 公式サイト

カメラのキタムラ ネットプリントサービス 専用ソフト「プリント直行便」でトリミングもOK

台北駐大阪経済文化弁事處 公式サイト

台北駐大阪経済文化弁事處福岡分處 公式サイト

台北駐日経済文化代表處札幌分處 公式サイト

台北駐日経済文化代表處那覇分處 公式サイト

・(組織と業務 / 台北駐日経済文化代表處

【送料無料 お試しセット(5gx13種類)】お試し 凍頂烏龍茶 トウチョウウーロン茶 高山烏龍…

【送料無料 お試しセット(5gx13種類)】お試し 凍頂烏龍茶 トウチョウウーロン茶 高山烏龍…

台湾 停留ビザ・シングル
Visitor Visa / Single

商用シングルビザ・申請要件

■渡航目的は短期業務(商談、技術指導、機械設置やメンテナンス、貨物の検品、研究・開発等の仕事における協力行為等)、語学留学。【当サイトでは「商用ビザ」について案内】

■滞在日数:60日【注】

■有効期間:90日(有効期間内に入国する)

■パスポートの残存有効期間:ビザ申請時に6か月以上必要

【注】滞在日数は60日から90日まで。
《東京》90日滞在可能な査証は、語学留学または短期雇用目的の場合のみ取得可能。

■ビザ延長:延長可能な停留ビザを取得している場合は、1回につき60日・2回まで可能(90日滞在の場合は1回まで可能)。ただし、延長の許可は現地の内政部入出国及移民署の判断による。「停留(シングル・滞在14日)」および「停留(マルチプル)」のビザは延長不可。

停留期間を延長する方法(「台湾における外国人」)

Application Information (National Immigration Agency)

商用シングルビザ・必要書類

  1. パスポート
  2. カラー証明写真 2枚
  3. ビザ申請書
  4. 航空券(e-チケットお客様控)
  5. ビザ料金
  6. 《東京・大阪・福岡》在職証明書
  7. 《東京・福岡》海外出張命令書
  8. 《東京・福岡》在籍証明書・出張証明書に押印した印の印鑑証明書(発行から3か月内)
  9. 《東京》会社登記簿謄本(発行から3か月内)
  10. ビザ料金

●写真:サイズ 縦4.5cm x 横3.5cm(東京は縦5cm x 横4cm)
6か月以内に撮影、無背景、背景色は白。

●ビザ申請書:オンライン入力/登録後に2枚(1通)印刷し、写真貼付および署名する。

台湾 停留ビザ・マルチプル
Visitor Visa / Multiple

商用マルチプルビザ・申請要件

■渡航目的は短期業務(商談、技術指導、機械設置やメンテナンス、貨物の検品、研究・開発等の仕事における協力行為等)、語学留学。【当サイトでは「商用ビザ」について案内】

■滞在日数:90日【注1】

■有効期間:365日(有効期間内に入国する)【注2】

■パスポートの残存有効期間:ビザ申請時に15か月以上必要【注3】

【注1】滞在日数は60日、90日。「90日滞在」は延長不可。

【注2】60日滞在のビザは有効期間180日。

【注3】残存有効期間が9か月以上15か月未満の場合は、1回の滞在日数が30日のビザが発行される。

商用マルチプルビザ・必要書類

  1. パスポート
  2. カラー証明写真 2枚
  3. ビザ申請書
  4. 航空券(e-チケットお客様控)
  5. 在籍会社発行の「在職証明書」※a
  6. 在籍会社発行の「海外出張命令書」※b
  7. 在籍会社の「登記簿謄本」※c
  8. 在籍会社の「印鑑証明書」(a,bに押印した実印の証明)※d
  9. ビザ料金

●写真:サイズ 縦4.5cm x 横3.5cm(東京は縦5cm x 横4cm)
6か月以内に撮影、無背景、背景色は白。

●ビザ申請書:オンライン入力/登録後に印刷し、署名および写真貼付。

★会社の登記簿謄本(全部事項証明書)および印鑑証明書は、発行日より3か月以内のもの。

※b 2回以上の滞在期間を記載する。
※c, d 《大阪》滞在日数に関係なく「1年マルチビザ」申請の場合にのみ必要。

台湾 居留ビザ
就労・駐在・労働)
Resident Visa

居留ビザ(赴任者/赴任家族)・申請要件

■渡航目的は、雇用(赴任)・留学・投資・宗教活動・家族呼寄せ(配偶者と未成年者)等
【当サイトでは赴任者(駐在員)と赴任家族(駐在員家族)の居留ビザについて案内】

■滞在日数:181日以上

■有効期間:90日

■パスポートの残存有効期間:ビザ申請時に最低6か月以上必要。

★台湾入国後15日以内に最寄りの内政部移民署服務處で外僑居留証(Alien Resident Certificate (ARC)および 再入国許可証(Re-Entry Permit)を取得する。居留ビザはシングルビザにつき、必要な手続きをせずに出国するとビザは無効になるので注意。

居留証申請について(「台湾における外国人」)

再入国許可の申請について

居留ビザ(赴任者)・必要書類

  1. パスポート
  2. カラー証明写真 2枚
  3. ビザ申請書
  4. 台湾関係官庁発行の許可書 原本
  5. 台湾関係官庁発行の許可書 コピー
  6. ビザ料金

●写真:サイズ 縦4.5cm x 横3.5cm(東京は縦5cm x 横4cm)
6か月以内に撮影、無背景、背景色は白。

●ビザ申請書:オンライン入力/登録後に2枚(1通)印刷し、署名および写真貼付。

許可書の取得方法

■必要書類は会社により異なる場合が多々あるため、「雇用(赴任)」の場合は台湾の労働部労働力発展署(TEL: 02-8995-6000)に、「投資」の場合は経済部投資審議委員会(TEL: 02-3343-5700)に確認する。一般的には下記 AおよびB の書類をすべて揃え、雇用(赴任)の場合は労働部に、投資の場合は経済部投資審議委員会に許可書を申請する。所要10日~2週間。

A 日本側で準備が必要な書類

  1. 経歴書
  2. 最終学歴証明書(卒業証明書)
  3. 会社登記簿謄本
  4. 会社印鑑証明書

※1~4には代表處(または弁事處)の認証が必要

●パスポートデータ面コピーも準備する

B 台湾側で準備が必要な書類

  1. 招聘契約書(招聘者の職務、雇用(赴任)期間(何年何月から何年何月まで)、台湾および海外で支払う実際の月給額を明記)
  2. 前年度の輸出入実績証明書(経済部国際貿易局へ申請)
  3. 会社ライセンス、営利事業登記証、工場登記証、特許証、貿易カードのコピー
  4. 事業計画書
  5. 国外人員の雇用計画表
  6. 業績証明書
  7. 国外人員の台湾滞在明細表

■許可書を申請中に台湾への渡航を急ぐため停留シングルビザを申請する場合、「台湾の会社からの陳情書」が追加で必要。許可が下り次第、台湾の内政部出入国移民署にて外僑居留証を申請する。

《大阪で手続きする場合は、以下の書類も追加で必要》

  • 日本の会社からの陳情書
  • 収件回條(勞動部に申請済みの証明)
  • 台湾の会社の営利事業登記書
  • 申請者本人と台湾の会社の雇用契約書

日本人が海外で最高の仕事をする方法 ― スキルよりも大切なもの(amazon)

居留ビザ(赴任家族)・必要書類

  1. パスポート
  2. カラー証明写真 2枚
  3. ビザ申請書
  4. 戸籍謄本(東京:1通 / 大阪:2通)およびそのコピー2通
  5. 呼寄せ人の台湾「外僑居留証(残存期間6か月以上)」の両面コピー
  6. ビザ料金

●戸籍謄本:発行から3か月以内の同じ発行年月日のもので、代表(弁事)處の認証が必要。ビザ申請時の他に台湾での手続きに必要か否か確認。

●写真:サイズ 縦4.5cm x 横3.5cm(東京は縦5cm x 横4cm)
6か月以内に撮影、無背景、背景色は白。

●ビザ申請書:オンライン入力/登録後に2枚(1通)印刷し、署名および写真貼付。

海外赴任のために必要なこと 駐在員家族のメンタルヘルス (角川フォレスタ)(amazon)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加